かれこれ気づいたら3○のおっさんの日常をぜひご覧ください。

散髪してスッキリ

散髪

30代の男です。

妻と男の子との3人暮らしです。

私は、10代の頃から疲れた時には力を抜いてゆっくりと過ごしたいといったタイプであったため、結婚してからは、カフェでゆっくりとコーヒーを飲む時間や読書の時間が以前よりも恋しく感じるようになりました。

さらに子供が生まれてからはすごく嬉しくこれからしっかりと頑張ろうという気持ちがある一方、もし丸一日、仕事も家事も育児も何もしなくていい日があったとしたらただ何も考えずに横になっていたいとも思うようにもなりました。

そんな、今の私がこれまで以上に心地よく感じられるようになった時間帯があります。

それは、月に一度のペースで通う理容室の時間です。

私は、20代の頃は美容室に通っていたこともありましたが、最近は耳の毛や眉毛の処理などをしてもらうことも大事に考えて改めて理容室に通うことにしました。

久しぶりに理容室に通い始めてみると、20代の美容室に通っていた頃に比べてすごくリラックスした気持ちになりました。

美容室の際は、お洒落なイケメンになりたいとテンションが上がるような気持ちでしたが、理容室では、散髪やひげ剃りをしてもらいスッキリしたい、といった気持ちになれます。

予約を入れておいた時間に理容室に行き、シャンプーを始めてもらうと、体を倒して体の力を抜いた状態で人に頭を洗ってもらうと、「すごく気持ちいい」と感じられます。

その後には、散髪をしてもらい自分の髪が短くなりスッキリとした開放感を感じられます。

そして、体を倒して顔にホットタオルをのせてもらうと本当に肩の力どころか体中の力が抜ける心地良さを感じられます。

この時は、本当に日頃の疲れを忘れさせてくれる時間帯と思います。

それからひげ剃りを終えて、ローションを塗ってもらい、マッサージをしてもらい、髪を整えてもらえると気持ちいい散髪の時間は終了です。

その後は、スッキリとした気分でカフェにより、ゆっくりとコーヒーを飲みながら読書をしたり、ただのんびりとしたりといった時間を過ごします。

そして、カフェの時間が終われば妻と子どもの待つ家に帰ります。

気持ちいい時間を過ごした後は、「スッキリしたね」という妻の言葉に元気をもらって、また大変ではあるけれども私のやるべきことの始まりです。

妻が美容院へ行ってくる際には、安心していって来てもらえるよう頼りになる夫でありたいと思います。

散髪して髪も気持ちもスッキリさせて、また、これからもがんばります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ