かれこれ気づいたら3○のおっさんの日常をぜひご覧ください。

子どもと遊んだらすぐに疲れるんだが

子どもと遊ぶ

子どもは凄く可愛く、実際に目の中に入れる事は勿論ありませんが、目の中に入れても痛くないと表現できる位に可愛い存在です。

ただ、そんな可愛い子どもと遊ぶと、どうもすぐに疲れてしまう様になりました。

例えば、抱っこをしたり部屋の中を歩き回ったり、おもちゃを使ったりする場合、決してハードな動きをしているわけではありません。

しかし疲れるのです。

最初はやる気満々でチャレンジしますが、途中で一つふと気づくのです。

腰が痛いとか、だるいといった事です。

ただ、仕事をしているとどうもこうして疲れる事は無い気がします。

もっと大変な内容で働いている事も少なくありませんが、その場合の疲れと子育ての疲れはまた違った感じだと言えば良いでしょうか。

充実感はありますが、それ以上にどっと疲れが出て来ます。

その原因として考えられるのが、子どもに話をしてもうまく意思疎通ができない事でしょう。

言葉のキャッチボールができれば相手が何を考えているかと言う事も有る程度は理解できます。

しかし相手は生まれたばかりの子なので、言葉のキャッチボールが出来る訳ではなく、相手の様子を見てあれこれ判断しなければいけません。

それがまた、私の心を疲れさせる原因となるのでしょう。

あた私の疲れの原因としては、それ以外にもあると思います。

やはり運動不足が大きく関係しているのでしょう。

運動をしていればしっかりと体を動かす事が出来るので、日常生活に必要な分の筋肉だけでなく、よりしっかりと体を動かす事が出来るように沢山の筋肉を付ける事も出来ます。

しかし仕事が忙しいとか、なかなか外に出る時間が無い、子育てをしていると言う時はどうしても自分の為に時間を設けることができません。

そして結局は大した事が出来ないまま毎日を過ごしている状態です。

きっと日頃から体を動かしていれば、心肺機能も高くなるのでより動ける様になるはずです。

もちろん筋肉も付いてくるので、子どもを抱っことかしても今ほど疲れる事も無いでしょう。

さすがにすぐに疲れて遊びたくなくなってしまう、遊んだのを後悔してしまうと言う事も無いはずです。

なので、とりあえず時間を見つけて運動が出来ると良いなと思っています。

最初からハードな動きをする必要はありませんが、まずは基礎体力をアップさせる事を目指して動いてみると良いかもしれません。

そうすれば摂取カロリーよりも消費カロリーの方が多くなるのでダイエット効果もあるだろうし、一石二鳥、いや三鳥と言って良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ